日産ルークス(鈑金編)

日産ルークスが入庫になりました。

F左側に大きな損傷です…(@_@)

 

交換する部品や作業の邪魔になる部品を外していきます。

左サイドメンバーが目視だけでも持ち上がってしまっているのが分かります…Σ(゚Д゚)

今回はフレームに損傷がありますのでグローバルジグ修正機を使用して修理します。この修正機は1ミリ単位でのフレーム修正が出来る優れものです。(^^)

 下記①の写真は右Fサスペンションメンバー取付け穴の高さ寸法です。208mmで基準値になります。反対側②は212mmです。フレームが突き上げているのが一目でわかります。

専用工具を使って寸法通りにフレームを修正します(・ω・)ノ 

フレーム修正が終わったら新品の骨格部位を溶接します。

 

溶接が完了したら作業が終了です。(^◇^)

次は骨格部位の塗装に入ります。

 

塗装は次回のブログで更新します(^^)/

 

 

コメント: 0